危険なドッグフード 原材料の見分け方

ワンコは肉食であることは広く知れ渡っています。

良いお肉を食べさせてあげる。そのことが、ワンコの健康にとり一番大切なことです。しかし、今では、肉の品質を下げたり、代替えの原材料でかさ増ししてコストを押さえている格安ドッグフードが広く販売されています。

ワンコを飼い始めたころは良くわからず、粗悪なドッグフードを選んでしまっていました。良く宣伝しブランドが知れ渡っている有名メーカーのものを信用して買ってしまったことなどは誰にもある経験かなと思います。人間の食品でもありますが、中国産の原材料で作られたものはなどは安く売られていますが、品質が良くないものがあるのではないかとできるだけ購入を控えている人が増えているように、ワンコのドッグフードも同じように気を配る必要があります。

カナガンドッグフード2

スポンサーリンク
お知らせ

 あなたのドッグフード選び大丈夫!

格安なドッグフードをやめてから、体調が良くなったとか、トラブルがなくなった私のとても小さなヨーキー君!で体験してから、もう格安で低品質のものには戻らなくなりました。危険すぎると感じたからです。どんなに良い獣医にかかるより、毎日、毎日食べるドッグフードの影響が一番大きいということだと本当に思います。

ペット人口が増えるに従い、ドッグフードの種類はどんどん増えていますし、ネット上でもたくさんの口コミも見かけます。わんちゃんもいろいろ、食べものなので口に合う、合わないもありますね。だから、「これで正解」というたった1つの答えはありませんが、少なくとも「これだけは絶対にダメです」という危険なドッグフードの見分け方は、どんな種類を選ぼうとも共通です。あなたの知識を得てドグフードのことを理解して、あなたのわんちゃんを危険なドッグフードから守ってあげてくださいね!

 絶対に避けるべき危険な原材料

まず、これだけはというものをお伝えします。ドッグフードの裏の表記にこの言葉があれば購入を控えたほうが無難です。

危険リスト
ミール・ミート・パウダー・エキス

肉類(~など)

動物性油脂

BHA

着色料・香料

ミール・ミート・パウダー・エキス・動物性油脂については、「人間が食べることはできない」と捨てられる寸前だった、ゴミのような危険な状態の材料である「4Dミート」を使用している可能性を表記しているのです。

4Dミートとは、以下の事を示しています。

  • Dead (死んだ動物の肉) 
  • Dying (死にかけていた動物の肉)  
  • Disabled (身体の一部に障害のある動物の肉)  
  • Diseased (病気の動物の肉) 

これらの肉は、人間用の食品基準には不合格となり、家畜用にまわってくる激安の肉なのです。

くず肉を表す「ミール」や「ミート」や、粉々にされた「パウダー」「エキス」は、もともとどのような品質の肉だったかがわからなくなるほど小さく加工してしまうので、製造過程であやしいものが紛れ込んでもわからないのでとても危険です。

それと、肉類(~など)の表記は、何の肉を使用しているか示していないわけですから、とんでもない動物の肉を使用している可能性を示しているのです。

 最悪なのはそれだけではないのです!

コストを押さえるために、以下のようなことを平気でやっている製造業者もいるのです。

毛皮・ひづめ・糞尿をまるごと加工して重量にカウント
病気の家畜が長期間投薬により、肉に薬物が残存している
死亡してから長時間が経過し、既に傷んだ状態で加工 
もう儲かれば何でもありなのかと思いたくなるような悪徳業者もいます。某国の人は某国のものは絶対に買わないとよくニュースにもなりますね。

想像してみてください!あなたのワンちゃんが、このような低品質のお肉を毎日食べている姿を。とても耐えられないことではないでしょうか!

このような原材料のものを長期間食べ続けていると、そりゃ、わんちゃんも体調だって悪くなります。いくら安くても絶対に買わないようにしましょうね!オーナーとしての責任かと。
 

 着色料や香料はワンちゃんには必要ない!?

わんこの食欲は「匂い」によって刺激されるものです。見た目の色はほとんど関係ないと言われています。

それなのに着色料を加えたドッグフードとは一体何を狙いに置いているのでしょうか?わかりますよね。人間の見た目を意識しているのです。販売増を狙っているのですね。

着色料や香料はわんちゃんとり、直接的には大きな害になりませんが、我々わんちゃんオーナーに対し「どう、美味しそうなお肉からつくったよ!」とアピールするための添加物なら、いらないものですよね。

また、前述した通りの肉を使用した場合(低品質)、肉本来の良い匂いもしなくなり、食いつきが悪くなりますので、それをカバーするために香料が加えられています。

だから、着色料や香料が入っているドッグフードはワンちゃんの健康のために作られたフードであるとは言えません。またBHAですが、酸化防止剤の一つです。酸化防止剤は、ドッグフードを保存するうえで大切なものです。なぜなら、購入した後は、いわば素人が管理するわけですから、ずさんな管理でカビなどが生えたドッグフードを与える方がよほど危険だと思います。しかし酸化防止剤の中にも天然由来の酸化防止剤もありますので、BHAは、合成の酸化防止剤の中では比較的安全とはいえ、あえて合成の酸化防止剤を摂取する必要があるとは思えません。

是非覚えておいてください。

 安心安全なおススメドッグフード
最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
お知らせ