「モグワン」ドッグフード 人気度合いを評価してみた!!

昨年販売開始された「モグワン」は、”手作り”をコンセプトに開発された今人気が出ているドッグフードです。

「モグワン」はグレインフリーで野菜やフルーツがたっぷり使われ、肉類の原材料を約50%以上も使用している動物性タンパク質が豊富な栄養満点のドックフードです。もちろん無添加、無着色です。

ワンちゃんたちの健康を考える飼い主の皆さんのあいだで、話題になっているのがわかります。「モグワン」の特徴を挙げていくと、誰もが惹き付けられそうな魅力的なポイントばかりですね。

しかし、良いことだらけの情報には、何かあるのではないかと感じますが、実際のところどうなのかを一つ一つ評価していきたいと思います。

スポンサーリンク
お知らせ

 「モグワン」を販売している会社は??

(株)レティシアンが「モグワン」を販売しており、世界中のドッグフードの中から「本当に自信を持って日本にお届けできる」というドッグフード(キャットフードも)だけを海外から厳選し、販売を手がけるペットフードの会社です!

少し昔の日本では「100%安心できるドッグフード」を見つけることができなかったそうです。日本の飼い主さんに良いフードを届けるには、ペットフード先進国のものを直接輸入する以外の方法がなかったようです。

そこで輸入し始めたのが、カナガンネルソンズアランズナチュラルドッグフード です。

一方、「モグワン」はレティシアン自身が2年の歳月をかけて新しいオリジナルのドックフードとして開発したものです。だから、海外のメーカーより仕入れて販売しているカナガン、ネルソンズ、アランズナチュラルドッグフード とは少々異なります。

「モグワン」は今では大人気のドッグフードやキャットフードで、後述する成分を見てもペットの健康のために良いものだと思います。品質保持やコストの部分を考えて、「公式サイトでしか販売しない!」というこだわりがあるそうです。優良な会社だと思います。

一部のネットで、「モグワン」カナガン、ネルソンズ、アランズナチュラルドッグフード ”ステマ” などと書かれていますが、決してそんなことはないと思いますよ!

もちろん、品質をしっかり保つ目的で公式サイトのみの販売を貫いているのでしょうが、私はある程度の範囲で価格をコントロールしたいのではないかと推測しています。通常の会社はこのように考えるのでまともではないかと思います。

 手作りってどういうこと?

「モグワンは手作りフードを意識して作っています」とありますが、手作りフードって何?と思いませんか?会社が製造販売しているのに手作りとは何ぞやと私も思いました。

手作りフードというのは、一般的には「酵素」が入っているものだそうです。酵素は人間だけではなくワンちゃんにとってももちろん大切で、“病気しにくくなる”し、そして “長生きしやすく” なるなどの効果が期待できるものです。

つまり、「モグワン」の手作りのコンセプトというのは、製造の過程で、酵素が失われないよう細心の注意を払って作られていることなのです。

酵素を体内に取りいれ続けると、ワンちゃん的には毛並みや毛ヅヤが綺麗になったりと、目に見える効果があらわれてくることがメリットでもあります。

私も実は食べてみましたが、人が食べても美味しくは正直ないですが食べられるな~という感じです。それだけ新鮮な材料を吟味しているということですね。

 粒の大きさは?

モグワンの粒の大きさは小粒タイプ(8mm~12mm)の1種類です。小粒サイズで、口が小さい小型犬や、シニア犬でも食べやすいのも嬉しいポイントです。ちょっと以下の写真を見てください。

かなり小さめに製造されています。シニア犬や子犬の口にも合うのではないかと思います。

 原材料や成分は本当に大丈夫?

まず原材料を見ていきましょう。ここでチェックすべきは、粗悪な肉副産物、着色料などは使用せず全て人間でも食べられる(ヒューマングレード)の食材を使用しているかです。また無添加かという事も大切です。

 原材料
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン、乳酸菌
  • チキン生肉とサーモンがたっぷり50%以上の割合ですので、良質な動物性タンパク質がたっぷり入っています。
  • お肉だけでなく、海のタンパク質であるお魚もたくさん使われている。
  • 心配な中国製原材料は一切使用していないようです。
  • 私たちでも分かるような、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤなどの野菜、果物、ハーブが書かれてありシンプルな食材を原材料としています。

ここまでは、私はOKかと思います。

次に成分ですがどのようになっているか見ていきますね。

 成分

粗タンパク質28%、粗脂肪12%、粗繊維3%、粗灰分8%、水分8%、オメガ6/1.63%、オメガ3/1.29%、

エネルギー344kcal/100g

動物性タンパク質50%以上配合、グレインフリーを実現していますので、犬の身体にとっても栄養満点でバランスの良いフードだと言えます。また、注目点として、オメガ3やサーモンオイルが豊富であると言えます。

成分表は、すごくわかりやすいなと感じました。

最終チェックしますと、

  • 人間が食べない品質が悪い原材料や4Dミールは入っていない。
  • アレルギーの原因になる穀物は入っていない。
  • 発がん性物質のBHA・BHTの酸化防止剤は入っていない。
  • 人間には禁止のエトキシキン(防腐剤)は入っていない。

私が気にしていたものはないようです。すべてクリアしました!

 価格は、お財布に優しいか?

次に気になる価格です。品質が良くて、粗悪なものが入っていなくても価格が高ければ「ちょっとね~」となると思います。家計に大きく響くようであれば、当然NGですので見ていきたいと思います。

「モグワン」は公式サイトでしか購入することができませんので、最安値は当たり前ですが公式サイトになります。ちなみに「モグワン」はアマゾンや楽天などのネットショップでは売っていません。

「モグワン」のコスパを「カナガン」と「ファインペッツ極」で比較してみましたところ如何下の結果が出ました。

(1日の給与量)

        モグワン   カナガン   ファインペッツ極
子犬用     204円   188円   176円
成犬用     229円   149円   169円
老犬用     206円   134円   152円

前提として、公式サイトの販売価格と適正給与量で計算していますので、ワンちゃんにより多少食べる量が違いますので価格は前後する場合があります。

ここでは、「モグワン」は一番価格的には不利な結果が出ました!子犬の場合では一日あたりでカナガンと比べて15円ほど高くなります。

この定期コースで申し込めば、1袋購入で10%OFF、2袋以上購入で15%OFF、6袋以上購入で20%OFFで買えます。

また、まとめ買い+定期コースで最大20%OFFで購入が可能ですね。この辺りをどう考えるかだと思います。ちなみに20%OFFの特典があれば、1袋辺り定価3960円(税抜)が
3168円(税抜)で購入できることになります。

結論として、私の意見としては、多少他のドッグフードより高いものの、それは家計に響くほどではないと思います。すなわち許容範囲ではないかと。

尚、定期コースのメリットとして、

  • 初回購入から10%OFFで購入できる
  • 個数とお届け日を自由に変更できる
  • いつでも休止・再開ができる
  • ドックフードスクープがもらえる

但し、デメリットとしては

  • 3回のお届けが終わるまで解約できない

があげられます。

 まとめ

あらゆるドッグフードの良いとこ取りしたのがモグワンではないかと思います。手作りをコンセプトにした、スペシャルドックフードの「モグワン」は、給餌量を調節することですべての犬種、年齢に合うというコンセプトにより作られています。

まとめますと以下のようになります。

  • 手作り食のレシピであり酵素が入っていて健康に良い。

  • 粒の大きさは小さく、シニア犬から子犬までに対応している。

  • 新鮮なチキンとサーモンの動物性タンパク質が50%以上と豊富である。

  • 野菜やフルーツたっぷりで栄養満点。

  • 犬の体に必要のない穀物は不使用(アレルギーケア)。

  • オメガ3やサーモンオイルが豊富。

  • 無添加、無着色、無香料、合成保存料不使用

  • 価格は他のドッグフードより少し高い(但し、定期購入で安くなる)

如何でしたでしょうか?

良質なドッグフードだからこそ、価格面では難点は少しあるもののワンちゃんの健康を考えるのであれば検討する価値があるのではないかと思います。

あなたのワンちゃんが毎日ご飯を美味しそうに食べ、健康的に長~くあなたと一緒に暮らせるようにしてみませんか?

 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
お知らせ